テレビではよく見かけける元相撲部屋の親方のお話です。最近お電話で、長話をしました。
電話では「前回、天山先生に診ていただいた時ときに言われたこと、見事に的中してましたよ」と。
このように言われることはよくありますのでそれほど驚きはしなかったのですが、親方が熱っぽくお礼をいうもので、その親方の思いというか、バイタリティーには、やや驚かされました。

そもそも占いでは、相手の個人情報が飛び交いますので、相談相手も相談内容も忘れるようにしています。しかし占う相手がテレビやニュースに出るような人だったら、人物のことは忘れたくても無理な場合があります。

とくに相撲部屋の親方ともなると、体も大きく、視覚のインパクトも強いので、人物像は頭から離れません。
この元親方の前回の相談内容はきれいさっぱり忘れていましたが、私の昔の事務所に来られた時のことは記憶に焼きついています。そのころは小さな事務所だったのですが、テーブルも、椅子も、全てがミニチュアに見えるぐらい大きな方でした。性格は楽天的で、人懐っこいという印象でした。

今回こうやってまた、電話でおしゃべりできて、懐かしい感がした今日この頃です。
今度、相談に来られるそうです。